WHK BLOG

早稲田大学公認、10大学放送連盟所属の早稲田大学放送研究会公式ブログです

プロフィール

早稲田大学放送研究会

Author:早稲田大学放送研究会
早稲田大学公認、10大学放送連盟所属の早稲田大学放送研究会(WHK)公式ブログです。
サークル員の日常から、具体的な活動内容まで幅広く扱います。
当サークルへの質問など、ぜひお気軽にコメントお願いします!

部室へのアクセス
WHK公式サイト

最新記事
月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

初夏イベント!!!-進行編-

2010.07.02

category : 日記

初夏イベントお疲れ様でした!初夏進行チーフだった中條です。

進行パートって外からだとやってることが見えづらいですよね?
ということで、初夏イベントで何をやっていたか書いてみたいと思います。

1.イベントの企画数を決定する。(集まらなかった場合も考える)
2.外部企画者の立案、企画作りを手助けする。
3.内部企画者の手助け
4.倫理審査会を開く
5.オペできるように台本を詰める
6.詰めた台本をCUEシートに反映する
7.できたCUEシートを基にオペ陣全体でオペ会議を開く
8.リハを進行する
9.本番タイムテーブルを組む
10.本番CDTKFDADとして動く

大まかに書くとこんな感じです。
進行仕事を見てみると、一つのパートのことだけじゃなくて、
イベントや番組全体を見る姿勢の必要性が見えてきませんか?

俺が言いたいことは、「イベントを一つのパートという視点からだけで見てほしくない」ってことです。
「カメラワークが良かったから、音がよかったから、照明が綺麗だったから、広報活動をしっかりしたから、CUEだしがうまくいったから」というような他パートのやってる部分をもっと見てほしいってことです。そういう部分を褒め合えるようなオペ陣になれば、もっといいオペになると思います。

次の早稲田祭や冬番では一つのパートのことだけじゃなくて、大きくイベント、オペ全体を見ていく姿勢を持つと、もっといいイベントになると思います。
まだ俺らでやるイベントはあるわけだし、向上していこうぜ!!

すっっっっっごい上から目線で申し訳ない…。
そして外部の方、内輪な内容でごめんなさい。

でも、初夏イベント。
最高のイベントでした!!本当に支えてくれたみなさんに感謝してます!!
ありがとうございました^^


進行パートチーフ
中條雄喜


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
検索フォーム
twitter

Copyright ©WHK BLOG. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。