WHK BLOG

早稲田大学公認、10大学放送連盟所属の早稲田大学放送研究会公式ブログです

プロフィール

早稲田大学放送研究会

Author:早稲田大学放送研究会
早稲田大学公認、10大学放送連盟所属の早稲田大学放送研究会(WHK)公式ブログです。
サークル員の日常から、具体的な活動内容まで幅広く扱います。
当サークルへの質問など、ぜひお気軽にコメントお願いします!

部室へのアクセス
WHK公式サイト

最新記事
月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

地球温暖化について①

2010.03.20

category : 日記

メリークリスマス\(^O^)/














終わってた。













どうも、文キャンのアイドルです。





さて、
毎年自己満でしているランキングを発表したいと思います。








2010年FIFA高野ランキング











1位 小嶋陽菜(AKB48)

2位 篠田麻里子(AKB48)

3位 森健二(AKB48)








バロンドールはこじはるの手に!



AKB独占!


いやー今年はAKBにハマりにハマったね。







最近は毎日PV観ないと禁断症状で僕はイライラしだすよ。




どうしてこれほど熱中するのか?




凡人の頭脳ながら懸命に考えてみた。






1 バラエティー豊富な人材。

AKBは現在四十数名から構成されている。
また、姉妹グループを含めると、その人数は悠に百を超える。
したがって必然的に自分の「ドストライク」と呼ばれる女性が存在するのだ。
その女性を軸に、様々なメンバーを知り、AKBの世界へと誘われるのだ。
そう、それは底なし沼のように・・






2 親近感

「行けば会えるがコンセプト」
これがAKBが掲げるスローガンである。
毎日公演が行われ、文字通り足を運べばリアルで彼女たちの姿を見ることができる。
そう、もはや現代のアイドルは雲の上の存在ではないのだ。
また、彼女たちはパイ投げや粉被りを厭わない。
何というサービス精神。
ダラダラ毎日を生きている若者たちは参考にして頂きたい。





3 崇拝性の高さ

ファンにとって一番痛恨悲痛な事柄は、熱愛報道であろう。
しかしプロデューサー秋元氏は「恋愛禁止」と規律を厳しくしている。
現に恋愛疑惑が浮上したメンバー数名を解雇処分してきた。
人間は何かを崇拝しないと生きていけない生き物だ。
宗教が今なお存在しているのが何よりの証拠だ。
「AKBは絶対裏切らない。」心の拠り所のない若者たちはそう信じ崇拝するのである。



以上がAKBが人気があるその要点だと僕は考えます。

(502字)

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
検索フォーム
twitter

Copyright ©WHK BLOG. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。